健康コラム|元気な細胞を保つ健康維持器具【セルパワー】

メールでのお問い合わせ

Call: 075-341-3323

健康コラム

ホーム > 健康コラム【腰痛の原因と仕組み】

腰の構造

腰の構造

人間は背骨がある事で姿勢を維持しており、その背骨から多くの骨格が広がり体は構成されています。背骨は正式には「脊椎」といい、首から腰にかけて頚椎・胸椎・腰椎・仙骨・尾骨の順で構成されています。頚椎は前方に緩く曲がっており、胸椎が後方に曲がる事で背中は反り、その反りは前方に曲がる腰椎によってバランスがとられています。腰の構造は脊椎の一部です。また、脊椎を構成する骨を「椎骨」といい、椎骨と椎骨の間にはクッションの役目をする「椎間板」という軟骨があります。椎間板は歩行時などに受ける衝撃を吸収し、背骨にかかる負担を軽くしています。

腰は負担がかかりやすい

腰椎の上には胸椎があり、腰椎の下には骨盤があります。12個の胸椎と胸骨、12対の肋骨とともに強い胸郭がつくられ、骨盤もがっちりと強いつくりになっています。一方、腰椎は大きな動作を担っているため、一本柱と弱い構造になっています。

人は生活する上で必ず腰を使い曲げ伸ばしを行いますが、腰椎のつくりが丈夫だと大きく動かす事が出来なくなります。
そのため、腰には負担がかかりやすく、悪い姿勢や日常生活の負担・クセが加わる事でさらにダメージが大きくなります。

腰痛の原因となるもの

腰痛の原因となるもの

腰痛の原因は人によって異なりますが、筋肉疲労や筋力低下、血行不良やストレスなどによって起こります。
デスクワークやドライバーのような長時間同じ姿勢が続く事で疲労が蓄積され、運動不足は筋力を低下させます。また、ストレスも実は腰痛の原因です。日常的にストレスを受けていると、痛みを抑制するドーパミンという脳内物質の分泌が減り、痛みを感じやすくなります。
健康維持と痛みを和らげるためには、適度な運動やストレス解消、運動器具の使用などで血行をよくする事が大切です。

当社の通販にて提供している健康器具「セルパワー」は、政木和三先生が発明された磁力線発生器を、忠実に再現したものです。健康維持に役立つとして、20代から80代の幅広い世代から人気を得ています。要する時間は30分と短く、体の気になる部分に当てるだけという簡単な使い方のためセルフケアにおすすめです。レンタルサービスを行っておりますので是非お試し下さい。