健康コラム|元気な細胞を保つ健康維持器具【セルパワー】

メールでのお問い合わせ

Call: 075-341-3323

健康コラム

ホーム > 健康コラム【四十肩・五十肩とは?】

普段から肩こりに悩まされ、改善のために様々な方法磁気治療器を試されている方も多いと思いますが、40代後半から60代にかけての方で、いつもの肩こりとは違った痛みがある場合、四十肩・五十肩の可能性があります。四十肩と五十肩に大きな違いはありませんが、40代後半から60代で発症する事が多いためそう呼ばれています。そんな四十肩(五十肩)の原因や症状などについてご紹介させていただきます。

肩こりとの違い

肩こりとの違い

肩こりは、デスクワークで同じ姿勢を長時間続けたり、特定の筋肉に負荷をかけ続けたりすることで引き起こされます。同じ筋肉のみを使い続ける事で、疲労の蓄積や血液循環の悪化を招くため、凝りが生じるのです。
一方、四十肩は肩の関節部分で炎症が起こっているため、強い痛みや運動制限があるのが特長です。また、肩こりは両肩に起こることが多いですが、四十肩は片方だけに起こる事がほとんどです。

症状と経過

症状と経過

肩がこわばる、動かすと痛みを感じる、腕が自由に上がらない、手を後ろに回す時に痛みがあるなど、こういった症状が表れたら四十肩の可能性があります。基本的に痛みは鈍く、肩・首だけでなく腕に出る事もあり、夜中や寒い日に痛む事が多いです。
また、症状は段階的に変化し、急性期・慢性期・回復期と呼ばれる時期があります。急性期には、肩関節の痛みが突然起こり、徐々に関節の運動制限を引き起こします。慢性期になると引き続き可動域が制限されるものの、痛みは少なくなります。四十肩は1年ほどすれば自然に回復しますが、5年以上経ってから再発するケースも多く見られます。

原因と改善方法

原因と改善方法

四十肩の原因は完全には分かっていませんが、発症する年齢から考えても、筋肉の衰えが原因とされています。また、デスクワークの方がなりやすい傾向がある事から、肩関節の柔軟性が低い方や、体を動かす事が少ない仕事で起こりやすいとされています。そのため、体操やストレッチなどの適度な運動を定期的にする事が予防につながります。

当社では、ご家庭で無理なく続けられる磁気を使用した健康機器を販売しています。当社の健康機器は、心地良い波形の強力な磁力線を発生させるのが特徴です。リング状の器具なので、楽な姿勢で健康維持のサポートが行えます。